その先へ


僕達が欲しいのは、その先の世界なのかもしれない。